コンテンツへスキップ

初心者でも儲かった投資方法について①

Pocket

初心者なりに調べた投資方法

最初の軍資金は50万円から。とりあえず、株トレードに関する本や、サイトをチェックしまくりました。当時はそんなに大きく成果を出せずとも、プラスになればいいや!と思っていたので、安全に元本を減らさず、月間数万増えれば御の字!と考えました。

デイトレードは自信が無いし、配当金を得るという方法は、目標まで時間がかかりすぎる。ここは中短期のスイングトレードだ!早速どんな手法が良いのか調べていくと、配当金にヒントがありました。

 

投資方法①高配当株の配当前売買

高配当の銘柄を検索していると、配当前の約2ヶ月程度のチャートがあがっている銘柄があることに気づきました。株銘柄より高配当なREIT(リート)です。5%~7%ぐらいの配当銘柄がごろごろしていました。例をあげると、さくら総合リート投資法人(3473)です。

この銘柄は8月権利確定なのですが、2017年を見ると、6/5 始値79,500円で、8/14には89,000円と、大幅アップしています。他の高配当REITにも同様の傾向が見られたので、これだ!と思いました。50万円で運用していた時は、50万円そのままを1つのREIT銘柄に投入し、1~2ヶ月保持。その後権利確定日前に売ってしまい、2ヵ月後の高配当銘柄に買いかえるという投資方法を採用。

REITの配当銘柄がない月間は、最低でも4%以上の株銘柄を探しました。直前の決算などが良いと配当効果以上に大幅な値上がりに当たって、良くも悪くも安定しているREITより稼げた銘柄もありました。もちろんただ配当が良いというだけでは、決算が悪かった場合のカバーができず、下がってしまった銘柄もありました。

またこの方法は、人気の株主優待銘柄にも応用できます。株主優待がほしければ、そのまま権利確定日まで持っていても良いのです。吉野家(9861)や、伊藤園(2593)など、食品関係はやっぱり人気がありますよね。なんで配当や株主優待をもらわないのか?それは、権利確定日が過ぎるとみんな売ってしまうため、株価が下がってしまうからです。

私はキャピタルゲインがほしかったので、配当や優待は一切もらっていません。必ず権利確定日前に手放すようにしています。この方法のメリットは、企業の業績が下がらず、配当のパーセンテージや優待の内容が落ちなければ、1年間の売買ローテーションを組むことができるので、初心者でも安定して成果を出していくことができます。また、保持するのが1~2ヶ月といった比較的短いスパンなので、市況状況の悪化による日経の下落リスクもデイトレの次にカバーできていると思います。

今月どんな銘柄に投資していくら儲かったのか?それを今後書いていきたいと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です